【速報!!】『清水総合開発』が河原町二条に共同住宅の標識設置! 【kyoto1192】

 

クリスマスが近づく京都・三条大橋のたもと。

それぞれの人生で思うにまかせぬ不運が続き、つまらぬ身の上に飽き果て、厄落としにお伊勢参り旅立ち、京都に辿り着いた弥次さん喜多さんの足元にポインセチアが咲きました。



河原町御池下るのバリケード。



十字架が神々しい教会隣接地。『京都ロイヤルホテル&スパ』跡地は東京建物による地上9階、地下2階、客室数315室のホテルになるようです。



 

河原町御池

京都市役所と現行の高さ規制(31m)をぶち抜く高さ60mの京都ホテルオークラ。



4年余りに及ぶ耐震改修工事が終わった市役所本庁舎。昭和初期に建設され、老朽化の対策や耐震性能を高めるため、2017年6月から工事を始め、8月末に完了しました。改修費用は、当初予定より約21億円多い158億9千万円(西庁舎整備費を含む)



 

 

 

河原町二条

市役所から北へ。河原町二条。



北東角には2019年4月開店の折には、有名芸能人より祝い花が多数届いてセレブ感が漂っていたお店、Kiwakoto本店



そんな河原町二条の北、河原町通の西側には


これまた個性的なロゴマークと雰囲気ある建物、ジンのお店



日本初、ジン専門の京都蒸溜所がつくるジャパニーズクラフトジン。京都蒸溜所による初のブランドハウス「季の美House」は、蒸溜所VRツアー、「季の美」のつくりが学べるセミナー、ジンの歴史、店舗限定のグッズ販売など「季の美」の世界観が体験できる空間・・・との事です。



その「季の美House」の北に解体現場が見えます。



前所有者は建物老朽化のため売却・移転となりました。



 

 

 

清水総合開発㈱による『(仮称) 河原町通二条計画』共同住宅

 

(仮称) 河原町通二条計画 建築計画の概要
  • 京都市中京区河原町通二条下る清水町346他
  • 共同住宅
  • 敷地面積505.72㎡
  • 建築面積420.50㎡
  • 鉄筋コンクリート造
  • 建築物の高さ (塔屋を含む高さ)19.99m ( 21.84m)
  • 延べ面積 (容積率対象外)2,712.74㎡ ( 280.40㎡)
  • 地上7階地下なし
  • 33戸
  • 建築主/清水総合開発㈱  東京都中央区京橋二丁目13番11号
  • 着工予定年月日/2022年 3月上旬
  • 完了予定年月日/2023年 6月 下旬
 



延べ面積と戸数からして3LDKぐらいはとれそうです。果たして分譲マンションなのでしょうか?



西側は新椹木町通に面しており、東西に抜けた両面道路の立地となっています。



 



 

 

 

清水総合開発とは

京都で長年、新築分譲マンションを見てきましたが『清水総合開発』というデベロッパーの名前を見たのは初めてです。

 

公式HPを見てみると

 

※画像は公式HPより

分譲マンションから賃貸マンション、戸建分譲まで、
オリジナル開発ブランド「VIEQU(ヴィーク)」シリーズを展開。

「VIEQU」シリーズは、価値ある土地を厳選して開発された当社オリジナルブランドです。都市型マンションや大規模マンションなど、スタイルと品質を常に向上させ、お客様に快適に過ごしていただけるためのこだわりを持ち続けております。

※画像は公式HPより


 

suumoによると

清水建設の100%出資により2000年に設立した『総合不動産会社』とあります。

 

すこやかな暮らしを実現する住まいを
「VIEQU(ヴィーク)」ブランドで創出

清水建設の100%出資により不動産事業の担い手として2000年に設立した同社。「すこやかな場所を 創る 支える」ことを企業メッセージに掲げ、上質で快適、永住に相応しい住まい「VIEQU(ヴィーク)」を展開。分譲から完成後の管理まで担う「総合不動産会社」だからこその安心も提供している。
「VIEQU(ヴィーク)」が見据える未来は20年、30年、100年という長期スパン。高い価値を保ち、ヴィンテージマンションと呼ばれる日まで通じる理念とコンセプトを創り、最適な住まいを実現している。

 

さぁ、 お楽しみはこれからです。 乞うご期待!!

 



 

 

 

ロケーションは

地図で見るとこの位置です。



 

地下鉄「京都市役所」駅まで約300m強。徒歩4分。東へ行けば鴨川でザ・リッツカールトン京都があります。分譲マンションは北東で「シエリア京都鴨川二条ザ・テラス/関電不動産開発」が現在販売中です。南西に地元デベッロッパー今井建設による「寺町二条計画地」があります。

 



 

シエリア京都鴨川二条ザ・テラス/関電不動産開発」計画地の現状です。

※掲示板:シエリア京都鴨川二条ザ・テラスってどうですか?



 



 

 

新築分譲マンションブランド『パラドール』今井建設「寺町二条マンション」計画地です。

寺町通面するです。

※掲示板:パラドール寺町二条グランデってどうですか?



 



5階建の18戸です。



 

 

 

エリアのポテンシャルは

河原町通を挟んで向かいには、長らくパーキングとして使用され、いつ分譲マンションが建つのかと思われていた土地でしたが、京阪電鉄不動産が取得しサンフロンティア不動産となり「ホテル」となりました。



ホテル名がやたらと長い

HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテルになりました。



 



 

 

そのホテルの北には

 

アールヴェール河原町二条(2003年建築)

2017.10.28 週刊ダイアモンド

『損しない マンション×戸建て×中古リノベ』全国の主要マンションの価格上昇ランキング

で堂々の京都エリア1位となった物件です。値上額3692万円!! 



 

※こちらをご参照下さい。

 

京都の新景観政策10年 ②都心マンション 〜高騰する価格



 

 

そして、この辺りの河原町通。ここ数年でこじんまりとした素敵なお店が増えています。ガヤガヤとした繁華街から外れた静かな立地ですが、逆にそれが今時でこだわりのあるお店が集まる通りになっています。



こちらの建物は(元)バイク屋さんだった古ビルをリノベしてお洒落なカフェが生まれました。休日はだいたい女子でいっぱいです。SCHOOL BUS COFFEE STOP KYOTO/スクールバスコーヒーストップ。リノベーション会社「SCHOOL BUS(スクールバス)」が運営しています。



 

そして東へ進めば、そこは楽園。



ザ・リッツカールトンホテル京都



歳の数だけ飛び石を跳べ!!



 



 

 

 

 

おわり

 

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

京都在住20年超(他府県出身)、新築分譲マンション購入から16年、京都御所まで徒歩10分圏内に生息中、家族6人(うち犬1匹)。現在手狭になったマイホームから住み替えを検討中。2016年から『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』を運営中。宅地建物取引士の資格有、不動産実務は勉強中です。

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)