福島市に、野村不動産が来るぅぅーーっ!!!【トミー】

はじめに

  • 後記のとおり、福島駅東口で行われる再々開発事業に対して、野村不動産が事業協力者となり、分譲マンションを供給する計画がなされています。
  • 今回は、当該事業について、官公庁および報道関係の資料による情報を整理するものであります。また、福島市内の住宅事業についても、簡単にですが、触れることとしました。
 

事業の概要について

  • 事業名:福島駅東口地区第一種市街地再開発事業
  • 事業目的とその内容:都市機能の更新と高次都市機能の集積を図るため、建物の建替え等を再び実施する
(再開発事業は、昭和46年頃に実施されており、当該事業によるビルの建替え)
  • 事業施行者:福島駅東口地区市街地再開発組合 (組合員12名)、令和3年7月7日認可、同年7月27日設立
  • 事業協力者:野村不動産、戸田建設
  • 事業施行期間:令和3年7月7日から令和9年3月31日
  • 用途地域:商業
  • 施行区域 (再開発) 面積:約20,000m2
  • 建築敷地面積:13,580m2
  • 建築面積:10,505m2
  • 延べ面積:72,450m2
  • 建ぺい率 (最高限度) :80%
  • 容積率 (最低限度~最高限度) :200%~700%
  • 主要用途:商業、オフィス、ホテル、分譲住宅、公益施設、駐車場等
  • 新築工事:2023年4月 (予定)
  • 竣工予定:2025年度 (2026年3月) (予定)

( 福島市公式ウェブサイトより引用 )


 

3つの建物

概要

I、複合施設棟:地上12階建 (高さ約59m)、延面積 46,260m2
  • ホテル (8-12階)、公益 (3-8階)、商業 (1-2階)、オフィス (3-6階)、共用空間
→ 公益施設: 大ホール (客席1,500席程度)、イベント・展示ホール、練習室・会議室等、その他

II、商業施設 (1階)、駐車場 (2-7階):延面積 16,820m2、駐車場約505台

III、分譲住宅:13階建 (高さ約41m)、108戸、鉄筋コンクリート造、延床面積 9,370m2、南リビング

 

平面計画図と断面計画図

 



 



 

福島市について

  • 人口数では、いわき市、郡山市に次いでおり、およそ29万人です。
  • 地理的分布は、下図を参照下さい。


 

福島市の住宅事情

  • 当市は、福島駅の近郊が中心市街地であり、商業施設を主としてオフィス、宿泊施設、教育施設などが並びます。生活基盤としての買物や飲食については、駅ビル、スーパーやチェーン店を中心に展開されており、これらに特段の強いこだわりが無ければ、不自由ではなく、仙台市中心部には遠く及ぼないものの、ある程度の便利さは望むことができます。
  • しかしながら、当市において、豊かな生活を図るためには、郊外型店舗を視野から外すことは不可能です。同時に、車が不可欠になりますが、一家に一台のレベルではなく、”一人に一台”が常識のようです。
  • これらを背景 (郊外の方が便利、複数台おける駐車場が必要など) として、住宅事情としては、駅周辺 (中心市街地) を求めることが絶対条件であることは少なく、人によっては必要条件となっている程度で、戸建優位の志向になっているものと思われます。
 

分譲マンションの動向

  • 分譲マンションに関しては、福島駅近郊を主として、それなりの数の物件が供給されています。

新築

  • 2棟が販売中であり、いずれもタカラレーベンが売主です。
I、レーベン福島 THE MID TOWER
総戸数87戸、19階建、2022年1月竣工予定

※   販売は好評のようで、早くも最終期に入っています。

 

II、レーベン万世町
総戸数42戸、15階建、2021年11月竣工予定

 

中古

  • シティタワー福島 (福島市中町、住友不動産、総戸数92戸、25階建、2007年2月竣工) が名実ともに当市を代表しています。ドォーンッと一つだけ上に高く飛びぬけているため、目立ち度はぶっちぎりのナンバーワンになっています。それゆえ、当市に不案内で、かつナビなどが無かったとしても、とりあえずは当該マンションが見える方向に進んでいけば迷うことはない、という市外の人にとっても優しいマンションになっています。
  • 建物はオール電化、内廊下が採用されており、駐車場は自走式になっています。
 



 

代表的な分譲マンションの位置図



 

賃貸住宅

  • ダイワハウスと大東建託のシェアが圧倒的です。個人的感覚では、両者を合わせると、全体の7割から8割程度を占めていると感じられるほど積極的に展開しています。
 

おわりに

  • 来年度から建物等の解体工事が着工され、本格的に現況から大きく姿を変えていくことになります。
  • せっかくの複合開発ですので、住宅だけに注目するのではなく、商業施設やホテル、さらには大ホールやイベント・展示ホールなどの公益施設、共用空間等が、どのように街のにぎわいなどを生み出していくのか、その過程を注視していきたいと思っています。
  • 単に商業施設を詰め込むのではなく、コンサートやカンファレンス等を大規模で招致させ、交流人口の増加を試みている点は、特に大きな関心があります。
 

宣伝

  • この度、仙台市またはその近郊に属する新築ないしは中古マンションを主たる対象として、物件の購入を検討されておられる方向けの有料相談を行うこととなりました。本サービスをとおして、購入契約をされた場合は、特典が附帯される可能性があります。
  • 本サービスを希望される方は、下記の依頼フォームより受け付けております。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e9f6e89720926

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【レーベン福島THE MID TOWER】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

・仙台市およびその周辺エリアにおける新築分譲マンションを中心として、中古マンション、都市計画やまちづくりなども紹介していきます。 ・仙台市またはその近郊に属する新築ないしは中古分譲マンション、福島市および郡山市の新築もしくは築浅分譲マンションを対象として、有料相談を行っています。また、購入相談だけではなく、セカンドオピニオン的な位置付けとしてのご依頼も受け付けています。 本サービスをとおして、購入契約をされた場合は、特典が附帯される可能性があります。 ・本サービスを希望される方は、下記の依頼フォームより受け付けております。 https://ssl.form-mailer.jp/fms/5e9f6e89720926

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)