【速報】ホテルが乱立する京都市下京区『五条堀川』交差点から東にコスモスイニシアのマンション計画地【kyoto1192】

kyoto1192.com  京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト

私が5年ほど運営しているWEBサイト『kyoto1192.com  京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト』 ワードプレス(ブログやサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェア)を使い我流で試行錯誤しながらやってまいりました。この度、ワードプレスのバージョンを上げると記事の編集画面に異変が起こりいつもの見慣れた画面とは違い、どうやって編集したらよいのだ?と一人途方に暮れておりました。やたら英語の文字が増えているし、次から次へと日々進化し、バージョンUP、バージョンUP、最新バージョン!!  進化すればするほど、それに対応できないものに不具合が起きたり、編集画面が崩れたり、編集画面が変わったり。いつもならググって問題解決の方法を途方もない時間をかけ探ったりするのですが、もう私は疲れました。

 

「咳をしても一人」

自由律俳句を代表する俳人の一人、尾崎放哉のあまりに有名な代表句の一つ。咳をするも、その音が響くだけ。 そんな孤独を詰め込んだ言葉が私の心に浮かびました。

 

 

※kyoto1192.com トップページ


 

そうだ、私には『スムラボ』があるではないか。

マンション見学や販売中の物件に関しては『スムラボ』に記事を書き、新着ホヤホヤのデベロッパーが取得し標識が設置された販売前の土地、新築分譲マンション以外の不動産情報はkyoto1192.comに記事を書き、使い分けてきました。

今回は、『kyoto1192.com』に書こうとしていたネタを『スムラボ』に執筆します。ワードプレスの不具合に関してはしばらくソッとしておきます。しかし同じ『ワードプレス』を使用しているスムラボは本当に書きやすく、編集しやすいです。

 

 

では、kyoto1192.comの世界へ。

 

 

ホテルが乱立する京都市下京区、五条堀川交差点

堀川通と五条通が交わる交差点。共に交通量の多く、京都の道路の中でも片側4車線の大きな道路となっています。五条堀川交差点といえば近年のホテル建設ラッシュでホテルが建ち並びました。地元目線からは何故に交通量が多く殺伐した感がある五条堀川に宿泊施設はふさわしくないように思えました。しかし、冷静に立地を考えれば京都駅から近い点をふまえればホテル業者からすればアリな立地だったのでしょう。

堀川五条と京都駅からの位置関係を地図で見ると



最もこの交差点の象徴的なホテルとなったのは北西角に建つこのホテル、

チサンスタンダード京都堀川五条/ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ

2021.7/1開業でした。


ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:井上 理、以下ソラーレホテルズ)は新ブランド『CHISUN STANDARD』の1号店となる「チサン スタンダード 京都堀川五条」を開業いたします。本ホテルは所有者である株式会社タカラレーベン(所在地:東京都千代田区、代表取締役:島田 和一)より賃貸し、既存ホテルをリブランドしてオープンするもので、2021年夏の開業を予定しております。

新ブランドとなる『CHISUN STANDARD』は現在、国内31件、海外1件を展開しているチサンホテルズに、現代のエッセンスを加えたソラーレホテルズの新ブランドです。

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ公式HPより



このホテル・土地の所有者は分譲マンションで有名なタカラレーベンです。



このホテル、リブランドされる前は

ホテルWBF五条堀川 2020年2月28日オープンでした。コロナ禍の中、開業だったため、まともに営業できなまま閉鎖となりました。

ホワイト・ベアーファミリーは6月30日、民事再生法の適用を申請した。負債総額は351億円。2020年4月に民事再生を申請した、同社の関連会社でホテル受託運営のWBFホテル&リゾーツの負債約160億円を上回り、負債総額は今年最大。新型コロナウイルス関連倒産としても最大の負債額となった。WBFグループ3社(ホワイト・ベアーファミリー、WBFホールディングス、WBFホテル&リゾーツ)に対しては、星野リゾートが支援を表明している。

観光経済新聞より



その北側には堀川通沿いに建つのは



Rinn 堀川五条

こちらのホテルの運営をしていたレアルも2021年3月に破綻しました。


京都市内でゲストハウス「Rinn(鈴)」など計78施設を管理運営する不動産開発会社レアル(京都市下京区)が25日、京都地裁に民事再生法の適用を申請し、保全処分と監督命令を受けた。同社によると、負債総額は約18億2800万円。新型コロナウイルス感染拡大に伴うインバウンド(訪日外国人)の「蒸発」で、経営が行き詰まった。運営する宿泊施設の営業は当面続けるという。

帝国データバンク京都支店によると、新型コロナ関連の企業倒産(負債総額1千万円以上)は京都府内16件目で、負債総額は最大。同社はスポンサーを探し、再建を目指す方針という。

京都新聞より



 

そして、北西角のチサンスタンダード京都堀川五条の西、五条通沿い北側には2019年2月に閉店したBOOKOFF 堀川五条店 跡地。



 

一度、「管理看板」など設置されましたが、先日、遂に「売物件」の看板が設置されました。



で、価格はいくらなの???? と思っていたら、なんと地元新聞折込チラシの不動産情報誌『LIFE』にその物件の広告が掲載されていました。

かなりの価格のため、このブログにその金額を掲載すると後々トラブルに発展する可能性もありますのでぜひ、その紙面をご覧ください。⇒『LIFE』 ※いずれ掲載号は更新され消えますので見るなら今です。※2021.9/18に掲載の情報です

しかし、両隣の物件もすごいです。2ケタ億円。四条通のビルは坪3000万円!!コロナ禍の先を見越したような値付けです。水面下で取引されるような高額物件が堂々と表に出てきてしまっているのが謎です。

世界の京都ファンの皆様、ご興味ある方はご連絡下さい!!



 



容積率700%ですので、まだまだ上に建てられます。分譲マンションを計画するには土地価格が高すぎます。ホテル向きの価格です。交通量が多い五条通沿いは排ガスや騒音面で新築分譲マンション向きではないとも言われます。



堀川五条の南東には野村不動産が開発したホテル計画

コンフォートホテル京都堀川五条

2021年3月24日開業でした。



コンフォートホテルと言えば最近よく見かけます。烏丸錦の『ホテルWBF京都四条 錦邸』は『コンフォートイン京都四条烏丸』に生まれ変わりました。東寺駅前でもコンフォートホテル開業しました。



五条堀川、北東角には



何かになろうとして何ものにもなりえなかった砂利のパーキング。三角の変型地です。



五条堀川北、2020年開業したアーバンホテル京都五条プレミアム





その南側の建物にも宿泊施設の建築標識が設置されましたが、いまはもう外されています。あらゆる建物が宿泊施設になるのではないかと思えるぐらいあちこちに『旅館業の標識』が設置されていました。みんな狂っていました。祭りの後です。



五条堀川東には更地。



宿泊施設にもなり得た土地が



11階建40戸の共同住宅になっています。



 

コスモスイニシアのマンション計画地

その東にバリケード。



どうとう標識が設置されました。



(仮称)京都市下京区上金仏町計画

・下京区油小路通五条上る上金仏町

・敷地面積409.45㎡

・建築面積386.60㎡

・延べ面積3287.20㎡

・共同住宅

・建築物の高さ30.96m

・11階建

・49戸

・建築主/株式会社コスモスイニシア

・着工予定年月日/2022年1月10日

・完了予定年月日/2023年10月31日

 



 



五条通と油小路通の角地です。



敷地の間に建つこのカーキの建物はどうなるのでしょう。



油小路側にも標識が設置されています。



果たして新築分譲マンション『イニシア』でしょうか?



 

アーバントラベライフ京都清水五条別邸

京都でコスモスイニシアによる一番最近の新築分譲マンションは、2016年建築、河原町五条上る、新都市企画との共同事業アーバントラベライフ京都清水五条別邸でした。現在、隣の敷地は三菱地所レジデンスの新築分譲マンション計画の更地です。2016年当時、すでにインバウンドの熱気に「ホテルのような分譲マンション」そんなコンセプトだったと思います。



 

都市型アパートメントホテルMIMARU

コロナ前のコスモイニシア、ここ京都では宿泊事業にシフトしていました。

「APARTMENT HOTEL MIMARU」は、キッチンやリビング・ダイニングスペースを備え4名以上で快適に過ごせる【空間】、客室内にミニキッチンや調理器具などを常備し、共有部にランドリールームを備えることで叶う、暮らしの延長線上にある【自由】な過ごし方、都市部や観光地などにアクセスしやすいことで可能となるさまざまな【体験】、の3つの特徴から成ります。

コスモスイニシアニュースリリース

京都第1号店は2018年4月開業『MIMARU京都 堀川六角』でした。



ただ、こちらの物件をググるとヒューリックの保有物件としてヒットします。※参照ヒューリック公式HP


MIMARU SUITES(ミマルスイート)京都四条

四条烏丸南、因幡薬師(平等寺)の北側にMIMARUが見えます。



2021年7月22日にオープンしたMIMARU SUITES(ミマルスイート)京都四条



 



 

 

五条堀川周辺の新築分譲マンション

最後に堀川五条に計画されているコスモスイニシアの共同住宅、周辺の新築分譲マンションとして



五条堀川北にクレーンが見えます。



レ・ジェイド京都堀川』日本エスコン

こちらの土地は元々は京都の会社によるホテル計画の標識が出ていました。しかし長らく更地のまま放置され日本エスコンによるマンション計画となりました。ホテル計画地が新築分譲マンション計画になるパターンが増えてきました。

第2期予告広告
・今回販売9戸
・販売予定価格4,200万円台予定~5,900万円台予定
・専占有面積50.22㎡(15.19坪)~71.31㎡(21.57坪)

坪単価@280万前後でしょうか。



 

五条堀川を東へ、レ・ジェイド京都堀川のモデルルームがある五条新町の北にクレーンが見えます。



『プレサンスグラン烏丸五条新町通』プレサンスコーポレーション



9/23より第1期分譲グランドオープン。こちらもホテルになりそうな雰囲気で更地後、砂利パーキングになったりもしていました。



第1期先着順販売
・今回販売13戸
・販売価格4,520万円~6,980万円
・専有面積49.20㎡(14.88坪)~67.12㎡(20.30坪)

坪単価@303万円〜@343万円

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【レ・ジェイド京都堀川】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

京都在住20年超(他府県出身)、新築分譲マンション購入から16年、京都御所まで徒歩10分圏内に生息中、家族6人(うち犬1匹)。現在手狭になったマイホームから住み替えを検討中。2016年から『京都の現在(いま)を不動産からキリトルWEBサイト kyoto1192.com』を運営中。宅地建物取引士の資格有、不動産実務は勉強中です。

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)