第1話 初めて住宅ローンを組む人に知っておいてもらいたい、たったひとつのコト【Weekend クリスティーヌ】

ハロー、住む場所は人生を豊かにする、がモットーのクリスティーヌです。

モデルルームに行くと、いきなり住宅ローンの話から入ってしまう変人(笑)のクリスティーヌは別として、普通、モデルルームで住宅ローンの話になるのは、ひととおりマンションについて説明を受け、気持ちも盛り上がり、「このマンションいいな、買いたいな」となった時、ではないでしょうか。

営業の方も、モデルルームを訪れた人に対して、いきなり住宅ローンについて話をする人はいません。(だって、それって「あなた買えるの?買えないの?」っていきなり上から目線で言われているのと同じでちょっと失礼な感じですよね)

なので、1回目のモデルルーム訪問では素敵なモデルルームを見学し、価格表をもらい、家に帰ってよく検討、そしていざ2回目の訪問、ぐらいに、「ローンの話」になっていく、という感じが、自然な流れのように思います。

今日の話は「初めて住宅ローンを組む人」向けです

住宅ローンというと、気になるのは金利!かと思います。でも本日、クリスティーヌがお伝えしたいことは、金利のことではありません。

おそらくモデルルームの営業の方は、「あえてその話題を取り上げない」とは思うのですが、

「いつか、そのマンションを売却する時がやってくる」

ということです。

そしていざ、保有するマンションを売却する段になって、その時、「どのローンを選んでいたか」で、天国と地獄が分かれる、ということを、声を大にしてお伝えしたいのです。

天国コースは・・・

「気に入っていたマンションだけど、新しいところに住みたいわあ。どこがいいかしら?頭金はこのぐらい貯まったけど、借りられる額ってどのぐらいかしら」(ワクワク)

地獄コースは・・

「マンションを売却するにあたって、いつ売却するかが問題だ。今住んでいるところを売ってからだと仮住まいを探さなくちゃいけないから、できたら同時に売り買いしたい。タイミングよく、買い手が見つかるかどうか心配だ」(ハラハラ)

天国コースにいる方は、わりと悩むことなく、住み替えをスムーズに行うことができます。

地獄コースにいる方は、旧居の買い手が現れるタイミングが鍵となるため、住み替えをを行う時に、望み通りになるとは限らず、コトの運び次第では、かなりハラハラドキドキする局面も可能性としてあります。

・・・この違いを生む要因は、最初に選んだ「住宅ローン」です。

このことに気づいたのは、クリスティーヌが2軒目のマンションを購入する時のことでした。


2軒目のマンションを購入時にわかった「銀行の論理」

さて。

クリスティーヌは、わりと義理堅い人間です。(って自分で言うか、笑)

そこで(?)、2軒目のマンションを購入した時に、真っ先に思いました。

「最初に買ったマンションで住宅ローンを組んだ時、銀行の担当者が、とっても親切だった! そうだ、もう一回、同じ銀行で借りよう! 同じ方に担当してもらったら、きっと向こうも嬉しいに違いない」

それが、「あさはか」でした。

2軒目のマンションの営業担当の方から、

「今借りている銀行から、もう一回、借りることはできません」

と言われて、(大げさですが)目が点になりました。

「今回借りる銀行は、今借りている銀行とは違う、別の銀行にしてください」

(最初のマンションの銀行ローンの担当の人、あんなにお世話になったのにぃ)

「今借りているローンが、フラット35でなくてよかったです。そのおかげで、フラット35で借りられますから」

1軒目のローンは、あまり調べることなく、営業の方に言われるまま、なんとなく選びました。たしかに、フラット35は選んでいなかったのですが、それがよかったのだ、と教えてもらったのです。

フラット35とは

フラット35は、全国にちらばる300以上の金融機関が「住宅金融支援機構」と提携して扱う、「全期間固定金利」の住宅ローンです。

フリーランスで働くクリスティーヌにとっても、勤務年数に関係なく、前年度の年収に応じて借りられるため、とても心強い存在です。

そして、固定金利を選ぶ方にとって、おそらく、まっさきに上がってくる選択肢です。

フラット35について詳しいことは、フラット35公式HP(こちらです)でどうぞ。

1軒目を売却し、2軒目を買う時のローン

さて、1軒目を売り、2軒目を購入したかった、当時のクリスティーヌの話に戻りましょう。

2軒目の住宅ローンを借りるためには、原則として、「今の住宅ローンを完済する」必要があります。

言い換えれば、2軒目の住宅ローンの借り入れ日は、原則として、今借りている住宅ローンの完済日か、それ以降、ということになります。

(フラット35以外で一時的なダブルローンを認めてくれる銀行については、新築マンション購入時、営業の方に相談してみてください。住宅ローンの原則からすると例外なので、今回は、一般論に基づいてお伝えさせていただきます。)

1軒目を売り、2軒目を購入しようとしていたクリスティーヌには、通常であれば、次の2つの選択肢がありました。

①【売り買い同時型】「今の家と新居の売買を同じ日にできるよう、今の家を買ってくれる人に相談する」

②【売り先行仮住まい型】「今住んでいるマンションを先に売ってしまい、仮住まいを経て、新居に入る」

です。たしかにそのほかの手として、

③【買い先行型】「新居を購入してから、旧居の売却活動を行う」

がありましたが、これは、今のローンと新しいローンの両方組んでもまったく問題ない、言い換えれば、年収が高いために、ローンで借りられる額が2軒分ある、という方か、あるいは、現金をたくさん持っている方でローンの枠内に2軒分が収まる方ということになり、そのどちらにも、クリスティーヌはあてはまりませんでした。

なのに、クリスティーヌはその時、「天国コース」にいました。

なぜなら、1軒目をフラット35で借りておらず、2軒目でフラット35を使えたからです。

フラット35は、一時的なダブルローンがOK

住宅ローンの原則として、「2軒目の住宅ローンを借りるためには、今の住宅ローンを完済しなければならない」というルールがあると上に書きましたが、フラット35には、このルールがありません。

現在返却中の住宅ローンがある場合でも、その住宅が「売却予定」であれば、返済中の住宅ローンの借り入れ金額を「なかったもの」として、ローン審査をしてくれるというのが、フラット35のルールです。

つまり、「1軒目の住宅が売れるまで、一時的な二重ローンを、フラット35なら許容してくれる」ということなのです。

ということは、年収がすごく高くなくても、現金をたくさん持っていなくても、フラット35を使えることで、③【買い先行型】が可能となる、という図式です。(すごく、とか、たくさん、とか、抽象的な表現ですみません。相対的なものなので・・・)

ただし、あくまで1軒目の売却が実現するまでの、一時的な二重ローンを認めるだけなので、1軒目は必ず売却しなければならないことにご注意ください。

・・・以上、クリスティーヌの体験と現在公開されている情報をもとに記事にしております。実際に新築マンション購入でローンをご利用の際は、営業の方なり、銀行の方などに、その都度、最新の情報を確認していただければと思います。

まとめ。クリスティーヌの想い(と、おまけの話)

天国コースに行くために、知っておくべきことは、たったひとつ。「1軒目にフラット35で借りることは、できれば避ける」ということです。

もちろん、「できれば」で構いません。

クリスティーヌのようにフリーランスだったり、またそのほかの諸事情のため、フラット35がベストかつ唯一の選択!という方もいらっしゃると思いますので、あくまで本日のお話は、「初めて住宅ローンを組む人に知っておいてもらいたい、とクリスティーヌが思っていること」として読んでいただければ幸いです。

知っていただいた上で、自分にとって最良の選択をしていただけば、と思います。

初めての住宅ローン選びで、クリスティーヌが何も考えていなかったことは、すでにお話しました。スムログ やスムラボを訪れる方はきっと経験豊富な方も多いかと思いますので、いまさら、と思われるかもしれませんが、「いつか別の場所に住みたくなり、別のローンを組む日がやってくる」ことにちょっと思いをめぐらせ、戦略的に考えていただければと思います。

・・・おっと、タイトルにある「Weekendクリスティーヌ」について、最初に、お伝えしそびれてしまいました。

クリスティーヌが不動産購入(売却)から感じたこと、日々の生活から発見したこと、失敗談から学んだこと、成長?したこと、などなど、機会あれば皆さまとシェアしたいと思っており、「だったら、週末がいいかなあ」と思った次第です。

(タイトルの「第1話」というのは、クリスティーヌがずっと読んできた三井健太さんのスムログ の連載のスタイル「第○回」から、憧れをもってアレンジさせていただきました。連載ちっくに、ゆっくり、のんびり、進められればと願っております。)

あくまでクリスティーヌの体験談が中心になる予定であります。おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

本日はちょっとお堅いローンの話でしたので、おまけとして、クリスティーヌが好きなハンバーガーを紹介します。

ハンバーガーの上に乗っている「ヤシの木」で、ピンと来た方、よろしければコメント欄に店名をどうぞ。テレビドラマにもなった有名店なので、知っている方は多いかもしれません。今度紹介しようと思っているマンションの、すぐ近くにあるお店です。

アイランドバーガー

・・・皆さまのウィークエンドが、素敵な時間でありますように。住む場所は人生を豊かにする、がモットーの、クリスティーヌより愛をこめて

(はじめまして、の自己紹介はこちらです)

(息抜き版、もうひとつの自己紹介はこちらです)

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ、東京育ち、たまに海外。趣味は料理。保有不動産は、マンションや戸建のほか、賃貸用の店舗が1軒、駐車場が1箇所。一部友人や夫からは呆れ気味に「不動産屋さん」と呼ばれています(笑)。

2 件のコメント

  • たなろー より:

    きらぼし銀行など、他にもダブルローンを組めるところはありますよ。

    • クリスティーヌ より:

      たなろーさま

      クリスティーヌです。コメント、ありがとうございます。文中に書かせていただきましたが、住宅ローン原則論で執筆いたしました。たなろーさまの情報、多くの方に有益と思います。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

  • 記事にコメントする

    「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

    ※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
     「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
    ※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)