第11話 クリスティーヌの「森ビル!万才」 森ビルマンション購入記6(とちょっと長いおまけの話)【Weekendクリスティーヌ】

ハロー!住む場所は人生を豊かにする、がモットーのクリスティーヌです。

「食いしん坊!万才」にちなんで、「森ビル」のマンションを購入し、居住したクリスティーヌが、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」で注目を集める「森ビル」を礼賛する記事の続き第6弾です。

(Weekendの投稿前に寝てしまい、どうしようかと思ったのですがまー今日でもいっか、ということで、1日遅れの週明け投稿のWeekendとなりますがご容赦くださいませ。)

初めてこちらにいらした方へ。本記事は連載のため、よろしかったら最初からお読みください。

  • 「森ビルマンション購入記 1」はこちらです。(初めての方)
  • 「森ビルマンション購入記 5」はこちらです。(前回)
  • 「森ビルマンション購入記 一覧」はこちらです。

森ビルマンション購入記5

星の王子さまに会う

フロントに初めて寄って、言葉を交わしたとき、少し緊張していました。

なぜなら、この場所が自分にとっては、たまたまお部屋を購入したという身分でいるところであり、正直言って、ほかのすばらしい居住者の方々とは自分たちは違う、と気後れしていたからです。(賃貸で借りるときの家賃に比べて、月々のローンのほうがずっと少ない額なのです。)

クリスティーヌが結婚した相手は、大金持ちでもなく、ただの、という言葉は失礼なのですが、本当に普通のサラリーマンです。子どもがいないため、正直、結婚という感覚もなくて、実は「森ビルマンション」に入居した当時は、籍を入れていませんでした。

なので真っ先に伝えたことは、「苗字が違う」ということでした。

「あのう・・・クリスティーヌと申します。郵便物なのですが、苗字が2つありまして、両方で届くかと思います。名前が、2つあるのですが・・・。」

「入居カード」に、彼の名字を書いたら、名字がひとつになってしまう・・・。こんなことを気にする人は、たぶんいませんよね。でも、そのとき、とても気になっていたことでした。

「承知いたしました。お二人のお名前を、お書きください」

フロントの男性の言葉でした。

のちにクリスティーヌが、「星の王子さま」と名付けるフロントの男性は、「星の王子さま」の本のイラストにそっくりの、スーツを着て、顔が小さく、目がくりっとしていて、手足が長そうで、ほんのり笑う笑顔がさわやかで、表情が控えめな感じの方でした。

「もしよろしければ、マンション内を、ご案内いたします。少々お待ちください」

星の王子さまは、ほんわかとした笑顔で、カウンターの横の扉から出てきました。

「ありがとうございます」

入居初日が、こうして始まりました。

オリンピック終了まで・・・

・・・オリンピックの興奮冷めやらぬこの週末、「森ビルマンション購入記」は、かなり短いバージョンになりました。

正直、オリンピックでまったく「森ビル」に集中できません(笑)。

オリンピック期間は「森ビル万才!」は休載し、オリンピックが終わった後に再開します。

Weekendは続けますが、同じWeekendでも「森ビル万才!」の執筆はクリスティーヌにとって「特別」なのです。執筆時はとりわけ集中力が必要なため、オリンピック観戦と重なっては、なかなか難しくて・・・。

オリンピックのエネルギー、すごいです!!!!!

お詫びに、今回はちょっと「長いおまけの話」をつけてみました。(繰り返しになりますがWeekendは続けさせていただきます。また週末に「お会い」しましょう。)

クリスティーヌの想い。とちょっと長いおまけの話

「森ビルマンション購入記」について、少し前、スムラボのやまちゃんさんから、こんなメッセージをいただきました。

「森ビルシリーズは、一般の方にとって手の届かない世界の話なので、すごい興味をもって読んでもらえたと思います。」

たくさんの方に読んでいただき、本当に感謝です。

ただ、ひとつ付け加えるとすると、クリスティーヌの小さな物語は、決して「手の届かない世界」としてお伝えしたいというわけではないんです。

「森ビルマンション」という場を借りて、誰でも共通に感じるような気持ちを共有できれば、と思いながら書かせていただいています。

その前のめりな気持ちから、これまでも、かなりぶっちゃけて(笑)まいりました。

クリスティーヌが心がけていること

ここからは「ひとりごと」レベルになりますが、クリスティーヌが「スムラボ」で心がけていることが、いくつかあります。

ひとつめ、いつも正直にいたい

これは、スムラボの書き手のどの方の記事を読んだ際にも感じることです。スムラボの記事はどれも、思ったこと、感じたことを、そのままに書かれています。それがスムラボの良さかな、と思っています。

ふたつめ、住みたい街、住める街、住んだら人生が変わるような街を見つけたい

元マッキンゼー日本支社長で今はビジネススクールの学長をされている大前研一さんが著書で、

「人間が変わる方法は三つしかない」

と書かれていました。

その方法とは・・・

ひとつめ「時間配分を変える」

ふたつめ「住む場所を変える」

みっつめ「つき合う人を変える」

大前研一さんによると「この三つの要素でしか人間は変わらない」そうです。で、「お金はかかるけれど、実は一番簡単にできることが、住む場所を変えること」だそうです。

(時間配分を変えるほうが簡単かな、とも思ったのですが、会社勤めや子育てがあったりすると時間配分を変えるのはなかなか難しいことがありますよね。)

そこで、クリスティーヌにとって、スムラボでの理想は、「住んだら人生が変わるような街を見つける」ことだと思っています。

それは万人にとってではなく、その人、その人で、違うところが、マンションのおもしろいところですよね。

みっつめ、トライアンドエラー

いま、スムラボが始まって2ヶ月半ぐらいです。少しずつ、工夫を重ねてまいりました。そのなかで、みなさまもお気づきになっていると思われるのは・・・

記事の最後のほうに掲載している「クリスティーヌの見学メシ」でしょうか。

これは、2番目に書いた「マンション記事」に対する「ロマンスの神様」のコメントがきっかけでした。

「ブランズ浅草寿」の記事のなかで、マンション近くにある「石川コーヒー」や、「ペリカン」のパンについて書いたのです。

そうしたらコメント欄に「ロマンスの神様」さんから、

「パン屋・カフェの紹介などはモデルルーム見学の際にも大変助かると思います。」

というお褒めのお言葉を頂戴しました。

これが「見学メシ」誕生(笑)のきっかけです。

(ロマンスの神様さん、ありがとうございます!)

クリスティーヌにとって記念すべき、その記事はこちらです。

スムラボスタート時、やまちゃんさんからは、

「最初はみなさん、自己紹介を書いてください」

と言われ、それぞれ自己紹介を書いて、アップしました。

実は、簡単に自己紹介はお互いメール上ではありましたが、自分以外のどんな方がスムラボで執筆しているのか、ほとんど把握できておらず、その自己紹介の記事で、スムラボのみなさんのことを知りました。

スムラボの執筆陣の多くが(誰もが)、マンションマニアさんやのらえもんさんなどが執筆されるスムログをずっと読んできています。「スムログの姉妹サイトに執筆させていただける」ことは大きなこととして受け止めており、もちろんクリスティーヌもそのひとりでした。

ただ「名称」にはひとつ問題があって・・・

「スムログ」 という名称があまりにも大きなインパクトで頭にインプットされているため、「スムログ」 と「スムラボ」を間違えてキーボードを打ってしまうことがしばしば。記事がアップされてから超あわてて修正したこともあります。(これは超マズイです!!!!)

クリスティーヌ、Twitterやるってよ

このたび、思い切ってTwitterを始めることにいたしました。

きっかけになったのは、スムラボの人気ライターのみなさんからのアドバイスです。

実は、クリスティーヌは、現場に飛び込んだりするのがどちらかというと得意で、その分、不特定多数の人とつながるSNSは、これまで2の次、3の次になっていたのです。

でも今回、2LDKさんや関西マンションすごろくさん、kyoto1192さん、のらえもんさんなど、人気ブロガーのみなさまの言葉に、背中を押されました。

2LDKさんからは・・・

「自分が書いた記事に対して色んな方からコメントもらえるのはとても励みになりますよ!(ブログのコメントにとても丁寧に返信されているクリスティーヌさんなら尚更…)」

関西マンションすごろくさんからは・・・

「クリスティーヌさんはTwitterをやらなくてもたくさんの人に読んでもらっていると思いますが、Twitterやり始めると、より多くの方に読んでいただけることになりそうですね!」

kyoto1192さんからは・・・

「クリスティーヌさまは感性が豊かですので、Twitterむいておられると思いますよ♪」

のらえもんさんからはスムラボメンバーに宛ててこんな説明も・・・

「マンションコミュニティ総合研究所もTwitterアカウントと紐づけることが可能で、顔アイコンからTwitterアカに飛ばすことができます」

Twitterを一昨日始めたところ、なんとのらえもんさんから、自己紹介の記事を書いたときに、こんなツイートをいただいていました。のらえもんさん、ありがとうございます!!!!涙。


こうさんからは「森ビルマンション購入記」について感想をいただいていました。(毎回読んでくださってありがとうございます!)森ビル万才!は当分、書くことがいっぱいあって、まだまだ続くと思います。


 


クリステーヌのツイートは、一昨日始めたばかりで、よちよち歩きです。

「スムラボ」と「スムラブ」(住むLOVE?笑)をかけて、アカウント名は@sumulovecです。(アカウント名最後のcはクリスティーヌのC です。)

応援、フォロー、よろしくお願いいたします。

さてさて、長い「おまけの話になりましたが、ここまで読んでくださって、ありがとうございました。


・・・皆さまの週明けが、素敵にスタートしますように。住む場所は人生を豊かにする、がモットーの、クリスティーヌより愛をこめて

(森ビルマンション購入記 記事一覧はこちらからどうぞ。初回はこちらです。)

(はじめまして、の自己紹介はこちらです)

(息抜き版、もうひとつの自己紹介はこちらです)

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【ブランズ浅草寿】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

東京生まれ、東京育ち、たまに海外。趣味は料理。保有不動産は、マンションや戸建のほか、賃貸用の店舗が1軒、駐車場が1箇所。一部友人や夫からは呆れ気味に「不動産屋さん」と呼ばれています(笑)。

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)