”Brillia(ブリリア) 四谷三丁目”の「私の印象」→パティオ?のある邸宅風、「こじんまりさ」や、独特の風情が好きな人へ【けろけろ准将】

今回はブリリア四谷三丁目についての「私の印象」です!

所在地:東京都新宿区舟町3番1(地番)
交通: 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅徒歩2分、都営新宿線「曙橋」駅徒歩6分、JR中央本線「四ツ谷」駅徒歩11分、東京メトロ南北線「四ツ谷」駅徒歩11分
総戸数: 57戸 (うち、地権者住戸10戸、提携企業勤務者向け分譲2戸含む)
入居開始時期: 2023年6月下旬(予定)
構造・階数 鉄筋コンクリート造地上13階建て


こちらに興味を持ったポイントは、丸ノ内線四谷三丁目駅徒歩2分の利便性と、再開発でコモレ四谷が完成し、利便性と伝統を兼ね備えた「四谷駅の新宿区側」の魅力、そしてそれなりに安心感のあるBrilliaブランドゆえです。

◆四谷駅からフラットな道で11分と歩けなくはない&四谷三丁目駅徒歩2分の駅近!
四谷三丁目駅はガチで近いです!Googlemapだと、徒歩1分と出てきたくらい!

他方、JR四ツ谷駅からは徒歩11分で、真夏や真冬に毎日歩くにははちょっと辛いかな、とも思うものの、フラットで広い歩道を歩けますし、休日にお出かけくらいなら問題ない近さです!

本物件へは、基本的には四ツ谷駅からも四谷三丁目駅からも、「新宿通り」から、細い道を入る形となります。「新宿通り」沿いは、いわゆる都心の幹線道路沿い、という印象で、雑居ビルや特徴のない店舗が並んでいます。


◆風情ある個性的な繁華街を楽しめる方向きの立地
しかし、新宿通りから中に入ると、物件裏手に面した「杉大門通り」沿いや、四谷荒木町など、風情のある繁華街も楽しむことができる立地です。
ミシュランの店も多く、江戸時代の街並みが残っており、元は松平公の屋敷があったあたりと聞きました。

表参道的なわかりやすいテイストのこじゃれた街ではない、「癖のあるおしゃれを楽しむ大人向きの繁華街」となります!(意味不明ですかね、ごめんなさいm(__)m)

本物件の立地は以下をご参照ください!

2本の通りに面した敷地であり、正面側は落ち着いた小規模マンションなどが建つ通りに面しています(右手が本物件) ↓

2本の建物に挟まれるような立地! ↓

反対側の間口は杉大門通り(繁華街)に面しています。
画像真ん中あたり、通りに面した左手が本物件敷地 ↓

本物件裏手。繁華街に面しています。隣のビルとの近接感は・・・ ↓

本物件間口のちょっと先から、左に折れる風情ある裏道。この通りを出たところが、さきほどの本物件の正面入り口に面した通りとなります ↓

立地に解放感はないですが、このこじんまりとした風変りな立地にしかない魅力があり、それ自体を楽しめる方、「狭いところがたまらなく好き」な方とかに、はまりそうな立地です!

わかりやすく(?)言うと、モロッコのマラケシュとか(わかりやすくないか!知らない人はググってちょ)、西洋の古い城下町とか、海外の街の旧市街にあるような、迷路のような街並みが好きそうな人には、日本ではなかなかないその雰囲気を楽しめる貴重な立地といえます。

◆ランドプランも「旧市街の邸宅風」!
本物件は、分譲住戸は45戸(37.24m2~57.96m2)で、総戸数 でも57戸と小規模ですから特段の共用施設はないのですが、個性的な点として「中庭」があります!四季を感じさせる植栽が施されるようです。

イスラム圏などによくみられる「パティオ」のある邸宅を彷彿とさせる、独特の魅力を感じます。

その中庭が、エントランス扉越しの奥にちらっと見えて、素敵です!


◆建物そのものは、普通の小規模物件かな。
当然各階ゴミ出しはなく、ディスポーザーもないようですが、この規模ですから致し方ないでしょう。
トリプルセキュリティかつ、玄関扉以外は、ハンズフリーキー対応である点は魅力です!

価格は、57.96m2で1億はいかず、9000万円前後なのかなと(まだ決まっていないようです)。

見ての通り、他の建物に挟まれた立地だけに、眺望条件に恵まれない部屋があり、そちらは安めになるのかもですね。

いずれにせよ、この風情の街並みと、「こじんまり」感、「パティオのある物件」(こういう中庭を、正確にはパティオと呼んでよいのかはよくわかりませんが)にあこがれる方に、はまりそうな物件ですね!

四谷三丁目駅には文句なく近く、駅前の商業施設も利用できるので、利便性はお墨付きです!!

物件正面側の脇道から新宿通りに出たところから、四谷三丁目駅を臨む ↓

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【Brillia(ブリリア) 四谷三丁目】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

けろけろ准将です!約15年前、事前調査ほぼゼロで都内自己居住マンションを契約、「このマンションで良かったかなあ・・」と引渡し前に悶々と悩み(手遅れ!)、マンション情報収集が趣味になってしまいました。 その時購入したマンションは大大満足、大成功でしたが、もはやマニアになってしまったので、日々情報収集を続ける人生に!

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)