プラウド広島舟入幸町のご紹介(広島初のプラウド 住民に愛されている街ランキング第1位の立地)【ひろしマンション】

はじめに

こんにちはーひろしです!今回は「プラウド広島舟入幸町」のご紹介です。

野村不動産」が贈る、広島で初めて「プラウド」の名を冠した新築マンションで、さらになんと!「SUUMO住んでいる街 実感調査2020 広島県版」で「徒歩での買い物が便利だと感じる街ランキング」、「住民に愛されている街ランキング」の2つで第1位を獲得した舟入幸町に建設されるという大注目のマンションです。

当ブログでは過去にこちらこちらの2つの記事でもご紹介している、非常に因縁の深い期待度の高いマンションです。

マンションギャラリーに訪問して入手した情報をご紹介するとともに、項目別の評価と総合評価をさせていただきます。
※こちらに掲載している情報は2021年9月時点のものです。


物件概要

所在地:広島県広島市中区舟入幸町1番4(地番)
交通:広島電鉄広電江波線 「舟入本町」駅 徒歩6分
総戸数:40戸
専有面積:47.25m² 〜 76.07m²
間取り:1LDK~3LDK
予定価格:3700万円台~5,600万円台
構造・規模:鉄筋コンクリート 地上11階
竣工:2022年8月中旬 予定
駐車場:屋外平面式24台(屋外平面5台、タワー式38台)
駐輪場:86台
バイク置場:3台
売主:野村不動産株式会社
施工:株式会社増岡組
管理:野村不動産パートナーズ株式会社

 

マンションギャラリー訪問

マンションギャラリーは、広島市役所の向かい、セブンイレブン広島国泰寺2丁目店の隣にあります。


訪問時の流れは
  1. アンケート記入[10分]
  2. 物件の概要説明[30分]
  3. コンセプトムービー視聴[10分]
  4. マンションギャラリー内の紹介(模型、、ジオラマ、モデルルームの説明)[30分]
  5. 間取り、予定価格の説明[15分]
  6. 商談[15分]
  7. 今後のスケジュールの説明[15分]
といった内容で所要時間は全体で2時間程度でした。
マンションギャラリーの様子は写真撮影NGのため、ここではご紹介できませんが、広島では「プラウド」というブランドで供給する1件目の物件ということもあり、全体的に売主のやる気と自信を感じる内容でした。また、なぜこのブランドが多くの方の支持を得ているのかを、このモデルルーム訪問を通じて実感として感じられました。詳細は項目別評価の章で触れていきます。

概要説明の際に特に印象的だった話としては、当物件は東向きリバーサイドになっていますが、ベランダから見える川沿いに遊歩道がなく、電線等もないためプライベート性が高く、視界を遮るものがないという点はここ独自の強みだなと感じました。

 

ギャラリー内モデルルーム

ギャラリー内モデルルームの間取りは東向き3LDKのDタイプ(76.07㎡)を2LDKに変更したものです。

モデルルームの間取り 出典:物件資料

モデルルームで印象的だったのは、扁平梁工法を採用していることで全体的に梁がすっきりとしていることでした。この工法を採用しているマンションを見るのは私は初めてでした。

扁平梁工法

扁平梁工法


また、基本の天井高が2550mmと高く、それに合わせてドアは2200mm、サッシは2100mmのハイサッシを採用していて、圧迫感がなく空間に広がりを感じる部屋になっていました。
※最上階のみ天井高はさらに高く、2700mmだそうです。

リバービューを意識して図面右下のリビングの角がコーナーウインドウになっている点もポイントが高いですね。

あと、営業担当者から1つ説明いただいたのが、ドアの蝶番についてです。
「当物件のドアには蝶番は3つついていますが、他所のマンションをみてみてください、2つしかついていないはずです。」
とのことでした。たしかに言われてみると、蝶番は2つしかついていないケースが多かったようにおぼろげながら記憶しています。

上に挙げたような点は1つ1つは僅かな差ですが、こういった細部へのこだわりの積み重ねが、ハイブランドマンションとして多くの方に支持されている「プラウド」の格の違いを生んでいるのでしょう。

 

販売状況

現在は正式な価格発表はなく、販売状況についても特に説明はありませんでした。
今後のスケジュールとしては10月に要望住戸の相談をうけて、11月に申込の受付・抽選・契約という流れになるため、正式な価格が出るのは10月末頃になりそうです。

※2021年9月時点の情報です。

 

項目別評価

ここからは各項目別に評価をしていきます。
※あくまでひろしの主観的な評価です

立地

建物の周辺環境は以下の通りです。

スーパー、コンビニ、教育機関などが徒歩圏内に充実していて、周辺の生活利便性は高そうです。
大通りに面していないので、静かに暮らせそうな立地です。

周辺環境 出典:公式サイト

周辺環境 出典:公式サイト


 

交通アクセス

交通アクセスは、以下の通りです。

最寄りのバス停、電停共に徒歩6分かかり、トータルで八丁堀まで20分超、広島駅まで30分超というところです。便数が多いのはいいですが、やはり中心街から少し離れている分、ちょっと時間がかかってしまいますね。

バスアクセス 出典:公式サイト

バスアクセス 出典:公式サイト


交通アクセス 出典:公式サイト

交通アクセス 出典:公式サイト


 

建物規模・外観

全40戸、11階建ての小規模なマンションです。
公式サイトにも物件資料にも外観全体の図がありませんでした、申し訳ない💦
南側の3部屋だけを見るとよくあるガラス手すりの外観ですが、写真一番手前の北側のDタイプにデザイン的なアクセントが入っていて、引き締まった外観になってますね。

外観 出典:公式サイト

外観 出典:公式サイト


次に、建物配置図を見ていくと、敷地内に多く平面駐車場が取られていて、エントランスアプローチも広くとられています。
土地面積に対して、建物の面積がかなり狭いですね。
玄関はエントランスアプローチを斜めに設けて、間に植栽を設けることで、西側に面している道路から目隠しがされています。

建物配置図 出典:物件資料

建物配置図 出典:物件資料


最後に、西側立面図を見ていくと、画像の赤枠部分がA-Dタイプそれぞれの玄関の位置になるんですが、すりガラスや柱が設置されていて、しっかり目隠しがされています。
マンションに面した西側の道路は決して車や人通りの多い道ではないのですが、このプライベート性への配慮は凄いですね・・・脱帽です。

西側立面図 出典:物件資料

西側立面図 出典:物件資料

眺望

GoogleEarthを使用した、現地高層階からの眺望イメージです。

東側はベランダからの景色になります。川を挟んで反対側のマンションとはお見合いになるんですが、川幅が120mあるため、部屋の中が見えてしまうという事はありません。リバービューなのでベランダからは本川を望む眺望になっています。

東側 出典:GoogleEarth

東側 出典:GoogleEarth


西側は外廊下から見える景色です。あまり視界を遮るものがなく街並みが広がっています。

西側 出典:GoogleEarth

西側 出典:GoogleEarth


南側にはゴルフ練習場があります。ネットを支える柱の高さが本物件と同じくらいの高さなのでかなり視界を遮られそうです。

南側 出典:GoogleEarth

南側 出典:GoogleEarth


北側にはマンションがあります。建物の高さが本物件と同じくらいの高さなのでかなり視界を遮られそうです。

北側 出典:GoogleEarth

北側 出典:GoogleEarth

間取り

間取りはA-Eの全5タイプです。

Aタイプは南側の角部屋です。
田の字型の横長リビングのオーソドックスな間取りですね。柱の処理もしっかりされていてなかなか良いのではないでしょうか。
南側にはゴルフ練習場がある関係からか開口部があまり取られていませんね、角部屋としてはここは残念なポイントです。

Aタイプ 出典:物件資料

Aタイプ 出典:物件資料


Bタイプは南側の中部屋です。
田の字型の縦長リビングの間取りですね。アルコーブがちゃんととってあるのは良いですね。
柱の処理もちゃんとしてあるので洋室がほとんど整形です。この間取りもオーソドックスな感じで良いと思います。

Bタイプ 出典:物件資料

Bタイプ 出典:物件資料


Cタイプは北側の中部屋です。
アルコーブが掘りこまれていて、廊下もクランクになっているのはいいですが、エレベーターも掘りこまれているのはつらいですね。
なんで外側にエレベーター作らなかったんだろう?柱がしっかり追い出されていて洋室が整形なのは良いですね。

Cタイプ 出典:物件資料

Cタイプ 出典:物件資料


Dタイプは本物件で一番広い部屋で、モデルルームになっている部屋でもあります。外観デザインもここだけアクセントが入っていましたね。田の字型の横長リビングでコーナーウィンドウもあり、悪くないと思います。
ウオークスルークローゼットはこれどうなんでしょう?個人的には通路に面積を取りすぎかなと思います。使い方次第ではありますが、もっとしっかり収納力があるプランの方がありがたいかなあ。

Dタイプ 出典:物件資料

Dタイプ 出典:物件資料


Eタイプは2階の1部屋のみの特殊な部屋になっています。
電気室を2階に持って来た物件は初めて見ましたが、昨今の広島の豪雨災害による浸水被害を考えると英断だなと関心しました。
電気室が食い込んでいますが、ほとんど正方形な部屋の形で、玄関にもアルコーブがしっかりあり、廊下もクランクになっているのでなかなかいいんじゃないかと思います。
おそらく一番低い価格設定(3000万円台前半くらい?)になるかと思いまが、お値段がどうなるか気になりますね。

Eタイプ 出典:物件資料

Eタイプ 出典:物件資料

ブランド

冒頭でもご紹介しましたが、売主は「野村不動産」です。

新築マンションの分譲事業を行う大手不動産会社7社が運営するポータルサイト「メジャーセブン」の運営にも参画しているほか、三井、三菱、住友、野村の大手4社で財閥系デベロッパーと呼ばれることもある、超1流のデベロッパーです。

広島での供給実績は1995年のアジア大会の選手村として建てられた、広島の「HARUMI FLAG(時系列が逆ですしひろしが勝手に言ってるだけです)こと「A.CITYタワーズ」を供給していますが、それ以外には特に目立った物件はなく、長年の沈黙を破り、このたび広島で初めて「プラウド」の名を冠したマンションを供給することになりました。

供給実績 出典:公式サイト

供給実績 出典:公式サイト


 

共用設備

小規模物件のため、特筆すべき共用設備は無いですが、エントランス横のラウンジに、ワーキングスペースが設けられるそうです。
あとは、冷蔵対応の宅配ボックスが設けられるそうです。近くにスーパー、コンビニがあるので必要ないようにも思いますが、生鮮食品の宅配も対応できるので嬉しいですね。
駐車場に関しては、敷地内の24台分の平面駐車場以外に、近隣で4台分の駐車場を確保しているそうです。

 

管理体制

管理費については提示がなかったんですが、周辺物件よりは高額になるそうです。
管理会社が顧客満足度ランキング上位に名を連ねる「野村不動産パートナーズ株式会社」ということもあり、管理人はすべて社員採用でその他にも管理品質を上げるためにコストをかけているため、そこはご理解いただきたいとのことでした。

 

設備・仕様

主要な設備としては、外廊下側ルーパー面格子、床暖房あり、ビルトイン食洗機あり、タンクつきトイレ、トイレ手洗いカウンターあり、ガスコンロはデリシア、お風呂はフラットラインLED照明といった所でした。

極めてグレードが高いというわけでもないですが、設備のでコストダウンをしがちな地場のデベロッパーの多くと比べると設備グレードは高いです。

あとは洗面台の鏡の下側に木枠がついており、通常チャイルドミラーがついている部分がホーローパネルになっていました。これはお客様から指紋がついて掃除が大変だという声が多かったため対応したそうです。「ブランシエラ広島」でも同様の仕様でしたが、個人的にはこれはもっと広まってほしいです。

 

予定価格

予定価格は以下の通りです。
部屋番号 タイプ 予定価格
(万円)
面積
(平米)
301-901 A 4,700-4,999 70.4
302-902 B 4,400-4,699 65.8
303-903 C 4,000-4,399 55.25
304-904 D 5,400-5,699 76.07
平均坪単価は約230万円です。
立地からすると安いとは言えない価格ですが、ここまでご紹介した通り、細部へのこだわりや気配りは相当なもので、このお値段でも仕方がないかなと思わせるものがありました。
正式な価格発表は10月末頃になりそうです。

 

総合評価

良い点

プラウドの名を冠した広島では初の物件です。ブランド価値の高さは抜群です。

天井・ドア・サッシが高く、圧迫感がなく空間に広がりを感じる部屋になっています。

扁平梁工法を採用していて、梁の出っ張りが目立ちません。

メインエントランスと各住戸の玄関に目隠しがされています、また、ベランダ側の川辺に遊歩道がないため人や車が通りません。プライバシー性が高い物件です。

周辺に利便施設が多く公共交通機関も充実しています。

駐車場はすべて平面駐車場のため、メンテナンスコストをおさえられます。

電気室を2階に設けています。昨今の豪雨災害による浸水被害が起こっても停電や設備の故障を免れる可能性があります。

 

悪い点

広島市の中心部からは少し離れています。公共交通機関を利用しての移動はトータルで八丁堀まで20分超、広島駅まで30分超かかります。

戸数分の駐車場がありません。(40戸に対して24台+4台(敷地外))駐車場が確保できない可能性があります。

周辺物件よりも管理費が高めに設定されています。

 

さいごに

野村不動産」が贈る、広島で初めてプラウドの名を冠する新築マンション「プラウド広島舟入幸町」のご紹介でした。いかがでしたでしょうか。

冒頭でも触れたとおり、広島で初のプラウドということでひろしも早くから注目しており、早々に建築予定地に行ってみたり立地のチョイスに突っ込みをいれてみたりしていた物件なのでモデルルームにも早々に行かせていただきました。実際にモデルルームを見て、長年多くの方に支持されてきた「プラウド」というブランドがどういうものなのか、その実力の一端を垣間見れたように思います。読者の方々にもそれが伝わっていれば幸いです。
物件としては舟入という土地が好きで、かつマンションのブランド価値と高い品質を求める方には良い物件だと思います。是非お早めに資料請求・問い合わせを!

 

話は変わりますが、「野村不動産」が広島のHARUMI FLAGこと(しつこい)「A.CITYタワーズ」を供給してから、長年の沈黙を破り広島で「プラウド」を供給することになったことには理由があります。それは「野村不動産」が中心となって10年後の完成を目標に動いている大きな再開発計画があるためです。次回(10/20)の記事ではそちらについてご紹介していきます。

 

今後も、毎月3回、10日・20日・30日に広島市内の新築分譲マンションのレビューを中心に投稿を続けていきますので、よろしければ引き続きご覧ください。

Twitterもやっておりますのでよろしければフォローをお願いします!

ひろし

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【プラウド広島舟入幸町】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

記事に出てきた物件の掲示板

ABOUTこの記事をかいた人

広島でシステムエンジニアをしています。マンション管理会社の基幹システム構築をきっかけにマンション沼にハマってしまいました。 スムラボでは広島市内の新築マンションをレビューします。広島でマンション購入を検討されている方々の力になりたいと思っています。

記事にコメントする

「コメント」と「ハンドルネーム」は必須項目となります。

※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティ
 「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)