【番外編】ひろしが斬る!(SUUMOのランキング編)【ひろしマンション】


はじめに

こんにちはーひろしです!

今回は番外編です。「ひろしが斬る!」と題しまして、ひろしが世の中の不条理や理不尽をバッサバッサと斬り捨てます。

今回のテーマは、「SUUMOのランキング」です。

 

この企画の趣旨

皆さんSUUMOって見てますか?ひろしの記事を見に来てくださるくらい情報感度の高い皆さんなら、1度と言わずディスプレイに穴が開くぐらい見ているんじゃないかと思います。

ひろしは隔週発行のSUUMOマガジン広島版を購読していますし無料なので偉そうに言うことでもない、SUUMOの中古・新築マンションの情報は毎日と言ってもいいくらいの頻度でチェックしている大のSUUMO好きです。(でもYahoo!不動産の方がもーっと好きです。)

そのSUUMOを運営している「株式会社リクルート住まいカンパニー」は毎年「SUUMO住みたい街ランキング」や「「SUUMO住んでいる街 実感調査」といった大規模なWebアンケートを実施してランキング形式でその結果を発表しています。

ありがたいことに広島も2017年からその対象地区になっており、過去には以下のような調査が行われました。
調査対象・調査方法・調査期間は公開されており、その結果や過程を疑うわけでは無いのですが、ランキング結果に対しては以下のような問題点を感じています。
  1. 調査方法が適切ではない
  2. 結果がひろしの実感と異なる
  3. デベロッパーがランキングを元に検証無しで商品企画をしている
今回はこれらの問題点について斬り込みます!

 

ひろしが斬る!

①調査方法が適切ではない

まずはこれですね、調査方法は根本的には間違ってないんですが、対象地域に対する最適化がなされていないと感じています。

この調査は元々首都圏から始まって、関西圏・中京圏と広がっていき、2017年に広島まで調査範囲が広がったという経緯があると思われますが、先に挙げた大都市圏と同じ調査方法では広島ではまともなランキングにはならないです。

具体的に説明していきますと、まずは「SUUMO広島市民が選ぶ住みたい街(駅)ランキング2020 」の「調査方法」を見てください。

「SUUMO広島市民が選ぶ住みたい街(駅)ランキング2020 」の調査方法 出典:リクルート プレスリリース

「SUUMO広島市民が選ぶ住みたい街(駅)ランキング2020 」の調査方法 出典:リクルート プレスリリース


このランキングの基準は街ではなく、厳密には駅なんですよね、では次に広島の鉄道路線図を見てみましょう。

調査対象になっている主な路線は以下の画像の赤線部分と白黒縞線部分です。

アンケート対象の広島市の路線図 出典:広島市公式サイト

アンケート対象の広島市の路線図 出典:広島市公式サイト


次にひろしが思う本来、広島市民が住みたい街として語られるべきエリアは以下の画像の青枠部分です。

※実際ひろしがこれまでスムラボでレビューしてきた新築マンションは全て青枠内の物件です。

ひろしが思う本来語られるべきエリア

ひろしが思う本来語られるべきエリア


おわかりいただけたでしょうか?本来語られるべきエリアの半分以上が対象路線にかすってもいないんですよ。

では次に調査結果を見てみましょう。

「SUUMO広島市民が選ぶ住みたい街(駅)ランキング2020 」の調査結果 出典:リクルート プレスリリース

「SUUMO広島市民が選ぶ住みたい街(駅)ランキング2020 」の調査結果 出典:リクルート プレスリリース


これを見た多くの広島市民の感想は

「でしょうね。」

それだけです。

広島駅が1位あとは広島駅に近い順+栄えている順になっているだけなんですよ。

広島市は鉄道網が発達しておらず、車を利用する方が多いです。車を持たずに市の中心部に住む人達が使うのは主にバスか路面電車で、上記の路線を使用するのは主に郊外から広島市の中心部に来られる方々です。

駅=街として語ることができる首都圏・関西圏・中京圏と広島市では調査方法を変えないといけないはずなんですが、それをしていないため正直あまり意味のないランキングになってしまっています。

 

②結果がひろしの実感と異なる

いやお前の実感は知らんし、データはデータだろうと言われてしまえばそれまでなんですが、

どうもしっくりこない調査結果があるんですよ。それがこの2つのランキング結果です。



徒歩での買い物が便利だと感じる街ランキング、住民に愛されている街ランキングともに第1位は・・・

「舟入幸町」です!

ひろし「えっ!それマジで言ってんの?」(暴言1)

(※舟入幸町にお住まいの方、舟入幸町がお好きな方すみません・・・。)

舟入幸町はたしかにいいところです。隣町には広島のソウルフードになりつつある「汁なし担々麵」の元祖である「きさく」がありますし・・・

元祖汁なし担々麵きさく

元祖汁なし担々麵きさく


えーっとあとは・・・

ひろし「他に何があるんだよ?」(暴言2)

とりあえず周辺環境を調べてみました。

舟入幸町の周辺環境

舟入幸町の周辺環境


病院、公園、銀行、100均、スーパー、電停、コンビニ、スシロー、保育園とまぁたしかに利便施設はしっかりありますよ・・・

でも、このくらいは普通じゃない?大体ショッピングモールとかデパートとか商店街とかないじゃん?あと都心から結構離れてるよ?

というわけで、ランキングの結果や調査方法を疑っているわけではないんですが、舟入幸町1位は本気で理由がわからないです。

これはこういう事なんだよと説明いただける読者さんがおられましたらコメントをお願いします。

 

③デベロッパーがランキングを元に検証無しで商品企画をしている

流石にそれはないでしょう?とお思いかもしれませんが、そうとしか思えない商品企画があるんですよ。

読んでいただいた方もおられると思うのですが、ひろしは過去の記事で新築マンションの建設予定地を巡りました。

そこで3件目に紹介したマンションがあるんですが・・・いやー「野村不動産」の建築計画があるという情報をはじめて聞いた時は歓喜に震えましたよ。

だって、毎年ハイブランドなマンションとしてランキング上位の「野村不動産」の「プラウドシリーズ」ですよ?

いくら欲しくても広島にはこれまで供給がなかったんですよ?

その、高級マンションの象徴とも言える「野村不動産」の「プラウドシリーズ」がついに広島に来る!その最初の地に選んだのがなんと・・・

「舟入幸町」です!

ひろし「えっ!それマジで言ってんの?」(暴言3)

(※舟入幸町にお住まいの方、舟入幸町がお好きな方、野村不動産さんすみません・・・。)

いやー呆然ですよ、ザ・ワールドをはじめて体感したポルナレフ状態ですよ。

「な… 何を言っているのか わからねーと思うがおれも 何をされたのか わからなかった…」

なぜ広島第一弾のプラウドが舟入幸町なのか、本当にわからなかったんですが、先日オープンした公式サイトによってついにその謎が解けたんです。

プラウドの建つ理由 出典:プラウド広島舟入幸町公式サイト

プラウドの建つ理由 出典:プラウド広島舟入幸町公式サイト


ひろし「・・・。」

これちゃんとリサーチせずにSUUMOのランキング見て商品企画決めたよね?

もう、そうとしか思えないんですが・・・。

 

さいごに

番外編「ひろしが斬る!(SUUMOのランキング編)」いかがでしたでしょうか?

今回はひろしが大・大・大好きな「SUUMO様のアンケート調査結果」と「 プラウド広島舟入幸町」に斬りこみました。

これやってよかったんだろうか・・・、今回各所にかなり失礼なことを言っているので来週あたりスムラボのブロガー欄からひろしの名前が消えているかもしれませんが、その時は「アイツやっちまったな…。無茶しやがって。」ということで、皆様は闇に消えたひろしのことは忘れて心穏やかにお過ごしください。

今後も、毎月3回、10日・20日・30日に広島市内の新築分譲マンションのレビューを中心に今回のような番外編をまじえつつ投稿を続けられるはずですので、よろしければ引き続きご覧ください。
記事のストックが増えてきたので来月も6回(5日・10日・15日・20日・25日・30日)投稿します。

Twitterもやっておりますのでよろしければフォローをお願いします!

ひろし

資料をお取り寄せ

この記事を読んで 【プラウド広島舟入幸町】 が気になったら資料請求してみよう

物件概要を見る

無料で資料をもらう

Powered by Yahoo不動産

ABOUTこの記事をかいた人

広島でシステムエンジニアをしています。マンション管理会社の基幹システム構築をきっかけにマンション沼にハマってしまいました。 スムラボでは広島市内の新築マンションをレビューします。広島でマンション購入を検討されている方々の力になりたいと思っています。

コメントを残す

「コメント」と「名前」は必須項目となります。


※個別物件への質問コメントは他の読者様の参考のためマンションコミュニティの「スムラボ派出所」に転載させて頂く場合があります。
※日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)